誕生日とぶらり台北一人旅 

朝、娘と彼もホテルに来てくれた。
マンゴーとライチを道端で売っていたと、買って来てくれた。三人で「おいしいね〜」と言いながら(朝食をしっかり食べたのに)、また沢山食べる。

チェックアウトの時、たまたま日本語の出来る女性が出てきて、
「珍しい名前ですね。綺麗な名前。綺麗な人」と言ってくれたのです!!。
私はお礼を言いながら、名字と名前を褒めていただいたのだと思っておりました。
「ママ、綺麗な人だって! 良かったわね」と娘。(汗)
このホテルで日本人に逢わなかった。朝食の時の私のたどたどしい中国語を従業員の人達が喜んでくれて、とても親切でした。
どこでも台湾の人はやさしい。
政治的には中国との関係もあるし、緊張もあるのでしょうが、どうしてこんなに人がやさしいのか、といつも思います。

娘は(彼は忙しいので・・・)空港まで送ってくれた。
多忙なのにギリギリまで私に付き合おうとしてくれる娘に感謝しながら
やはり、娘の言ってくれた3泊でなく2泊で帰ることにして良かった!と思う。 ありがとう〜。
素晴らしい自分への誕生日プレゼントでした。
これからも前を向いて、「老人身分」を楽しんで、ゆっくり歩いていきます。

This entry was posted in General. Bookmark the permalink.

2 Responses to 誕生日とぶらり台北一人旅 

  1. andante61 says:

    台湾の人は本当にやさしいですね。でも、褒めてくれたのは、それだけではないと思います。
    名前と人は、正比例するのですよね〜。
    「綺麗〜♪」 素直に、「ありがとう〜♪」ですね。良かったですね!(^o^)/
    たとえ、たどたどしくても、その国の言葉が話せたら、お互い本当にいい感じになれますね。
    娘だからとつい甘えたり、わがまま言う親は世の中に、いっぱいいます。
    多忙なお嬢さんを気遣って2泊にされたmichiyoさんは、母親として立派です。
    素晴らしい誕生日プレゼントでしたね。お嬢さんとご主人さまに感謝ですね。

  2. michiyo says:

    ANDANTE61さま  ありがとうございます。
    「綺麗な人」はお世辞に決まっておりますよ(笑)。
    本当に主人にも娘にも感謝でいっぱいです。ただただのんびりと遊べただけなのですが、元気になった!笑 有難い事ですね。
    娘は、「傍にいてあげられない」ことの思いが、たまに会う私への優しさで返してくれているのでしょう。
    子供は傍にいてくれなく良いのです。元気で自分らしく生きていってくれれば充分です!ね。 親とはそういうものですよね。   

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>