「魏志倭人伝」逆コースの旅 

4月26日 釜山

釜山の人口の多さは、朝鮮戦争の時に共産党に攻められたソウルから臨時に釜山が首都になった時が有ります。。人々も逃げて釜山に多くの人々が移動し、そこに住みついたという事らしいです。

実は、主人は「大阪あそ歩」と「釜山の観光」とコラボ?を計画していて、もうすでに釜山を調べてきておりました。
5月末に大阪の人達と「釜山のまち歩き」をします。
秋には釜山から「大阪あそ歩」に来られます。

そこで今回、釜山の強力な助っ人「金 明淑」さんにガイドをお願いしておりました。
彼女は気持ち良くボランティアで案内して下さいました。
彼女は日本の大学を卒業。お母さんは現在91歳の日本人で彼女はハーフ。
理知的で明るく素敵な女性です。実年齢を聞いて若く見えるのにビックリ!
韓国の人が若く見えるのはキムチが良いのでしょうか? それともニンニク? 唐辛子?

今日は盛りだくさんの見学があり、専用バスを用意。
まずは、魏志倭人伝に深い関係のある「加耶(カヤ)の国」の資料が沢山ある「国立金海(キメ)博物館」立派な博物館です。

博物館の前で

私達は教科書で加耶の国は「任那(ミマナ)の国」として習った記憶のある国です。
金さんの手配で博物館の人が日本語で案内をしてくださいました。
出土された数々の埋蔵物は素晴らしいものばかりです。
この地に[鉄]という資源、しかも品質が良い鉄が沢山取れたこと。そして鉄と文化が日本に伝えられたことは一目瞭然です。
考古学を奈良大学で勉強中のH・K氏が「う〜ん。凄いの一言に尽きる」と。

加耶(カヤ)の国はいくつかの国がありその中で一番大きな権力のある国の王様、首露(シュロ)のお墓とお廟があります。金さんの手配でここも専門の日本語でガイドさんが案内してくれました。
とても立派です。毎年「金」さんという名字の方々が集まり法事をなさるそうです。

金さんが昼食にトンネで美味しいチヂミのお店に案内してくれました。

山の上にある梵魚寺(ボモサ)はこの時期だからでしょうか、提灯の飾りつけが凄く沢山あり驚きでした。
熱心に修行なさっておられる方が沢山おられます。


釜山市内にミニワイキキ! 海水浴で賑わう「海雲台(ヘウンデ)」立派なホテルが並んでいます。
お金持ちはここで楽しむのでしょう。
この辺りのマンションは億ションだそうです。地下鉄の駅がある市内だし、景色は好いし、抜群に素晴らしいところです。ちなみに金さんもこの近くのマンションだとか!

ラウンドマークの「釜山タワー」から「近代歴史館」へ。
日本が占領していた頃の資料・写真がありました。
金さんや金海(キメ)博物館の人達から、「これからは仲良くやっていきましょうね」というメッセージを受け取りました。
放射能の事も「釜山で放射能の心配などバカバカしい」と笑っておられる人もいます。

釜山でみかけた看板

報道はいろいろあります。 それが全てではありません。
私たちも、報道だけを信じて軽はずみに、「ああだ、こうだ」と言うと間違うなぁ〜としみじみ感じたことです。

夜は「牧場園(モッチャンウォン)」で焼き肉。

翌日は関西空港へ。
相変わらず締りのない旅行記になってしまいました。

This entry was posted in General. Bookmark the permalink.

2 Responses to 「魏志倭人伝」逆コースの旅 

  1. andante61 says:

    「大阪あそ歩」と「釜山の観光」のコラボ、素晴らしいことですね。
    「長崎のさるく」からどんどん広がっていって外国まで!(^^)!
    韓国の人は小さい時からキムチを食べておられますので、やはり
    これも、元気や若さに関係あると思いますね。
    日本と韓国は古くから、本当にいろいろな交流があっているのですね。
    「近くて遠い国」ではなくて「近くて仲良しの国」になっていかなければいけませんね。
    また、先祖や家族をとても大切にされることも、日本はもっと見習わないと…ですね。
    良いお仲間との盛り沢山の歴史の旅。皆さまニコニコ、輝いておられます♪
    チヂミや焼き肉、美味しかったことでしょう。(^^)

  2. michiyo says:

    ANDANTE61さま いつもありがとうございます。
    今回もコメントに励まされて、なんとかこの旅行記も仕上げました。写真が思うように貼れず・・・でしたが。。

    本当に「近くて仲の良い国」になって欲しいものですね。
    そのためにはどちらの国の報道も偏ったりして欲しくありません。
    放射線の問題は日本においても正確に発表され、おかしく面白くではなく、正しく報道していただきたいものですよね。
    庶民の私たちはやはり報道を信じてしまいますから。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>