私の34年前(1974年)の世界一周旅行日記 57

1974年 3月16日 ジュネーブからインターラーケン

朝起きると小雨がパラついている。山の天候を心配しながらジューネブを発ちこの旅2度目の列車の旅になる。 レマン湖を右に見て、まずベルンへ。昨日初めて見たスイス、レマン湖のある街の風景とは違い、雪のアルプスの山々を背景にした美しさは、私達を寄せ付けない気高さを持っているようにさえ思える。でも、スイスらしく愛らしい家々が人間生活の暖かさも感じさせてくれる。 ジュネーブ駅でベルンから列車を乗り換えインターラーケンへ。そのすぐ手前のツゥネル湖の美しさに目を奪われる。雨後ゆえに湖上にかすかな霞をかかげ、アルプスの銀嶺がその背景に威厳を添える。幻想的というか今までに見たことの無いその世界。赤い屋根の家々がいかにもスイス・アルプスらしい雰囲気を漂わせてくれる。「絵のように綺麗だ」と言うけれど、絵にはこの美しさ描けない。目の前に広がるパノラマは生の目で見る感激。思わず涙が出てしまう。  インターラーケンから登山列車に乗り変える。天候が気になったが、ユングフラウヨッホに向かう。およそ3時間グリンデルワルドから大急ぎで次の登山列車に乗り換える。グリンデルワルドからスキー客達と共にアイガーの北壁を登りきると案の定、大吹雪。見えるはずの景色が何も見ることが出来ない。でも、これもアルプスなんだ。登山列車の、その印象の強烈なこと! ユングフラウヨッホにある氷の宮殿。凍りついたアルプスの雪で作られたものだろうか?氷の結晶はダイヤモンドのように輝き、不思議なことに海底の宮殿のようにさえ感じる。神秘的。気圧は海面の三分の一とか。氷の宮殿で

ラウターブルネン経由で下山。インターラーケンで宿を探すも日が落ちてしまった後、しかも雨。安宿見つからず20ドル奮発する。これを活用するため大洗濯。夕食は近くのレストランでチーズフォンデュー。 昨日のオイルと違いトロトロのチーズ鍋に一口大のフランスパン、野菜等々を絡めて食べる。チーズ好きな主人は大喜び。オイシ〜イ。このチーズ鍋を日本に帰ってから作るのは難しいかもしれない。

・・・この20年後、子供達を連れて再びこの地を訪れた時、登山列車はもっと近代的になり 、時間が短かく上まで登る事が出来ました。その分、体調の良くなかった次女は酸欠の高山病で氷の殿堂はグッタリして見ることが出来なかった。氷の宮殿は昔のままありましたが、落書きの多さにビックリしました。しかも日本人の名前が多くて悲しい気持ちにもなりました。 高山病の酸欠は列車が降りるに従って、元気になって行く様子が見事。娘達はスイスの美しさと可愛いホテルや家々に「また絶対に来る!」と誓っておりました。

This entry was posted in General. Bookmark the permalink.

6 Responses to 私の34年前(1974年)の世界一周旅行日記 57

  1. Sayaka says:

    高山病...よく覚えてます。あの時、よく考えたら、ママは20年ぶりの来訪だったんですね。どういう感慨だっただろうかと(当時私は風邪でそんなこと考える余裕なかったけど)想像します。。。

  2. michiyo says:

    SAYAKAさん この日記を写しながら家族旅行を思い出していました。あなたが高熱でミラノで入院の後、電車で入った夜のスイスの家々の電灯の明かり・・・丁度クリスマスの頃でしたね。ほのぼのしたあの風景はあなたが入院したから見ることが出来たのよね。何事も無駄はない!ネ
    20年ぶりの来訪・・・家族旅行できる喜びがありました。家族に見せてあげたいと願ったスイスの美しさでしたから。。。
    登山電車が下るにつれて元気になっていくあなたに、これぞ高山病!と知りました。まだ中学生でしたね。  

  3. andante61 says:

    冬のスイス・アルプスの美しい景色が浮かんできます。
    (想像ですが…^^)
    20年後に願いがかなって、家族旅行ができて良かったですね♪

  4. michiyo says:

    アンダンテさん コメントありがとうございます。
    スイスは本当に美しい国です。。そのためには国民も義務を持っています。(いいとこ取りはないのね。笑)
    家族旅行も親のエゴかもしれません。
    アンダンテさんのブログ、素敵ですネ。頑張ってね。

  5. andante61 says:

    MICTIYOさん、いつもありがとう。
    手のマークを出す練習をしています。
    また、メールします。(^^)

  6. michiyo says:

    ANDANTE61さん
    こちらこそ、いつもありがとう〜。手のマークの意味、最初解らずに?でしたが、よく理解できました。
    これで、ANDASNTE61さんの(クリックすると)リンクが簡単に出来るようになったのですね。私にも便利になりました。
    私はパソコンを上手に扱えないまま今に至っております。m(__)m

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>