Monthly Archives: November 2010

「嗚呼 満蒙開拓団」の映画を上映します。

私は宝塚に住む中国残留帰国者に日本語を教えるボランティアの会「ともだち」のメンバーの一人です。 「ともだち」が中心になり、宝塚市社会福祉協議会・宝塚市教育委員会の主催になっていただき、無料で上映されます。 11月27日(土) 宝塚総合福祉センター 。隠亜В娃亜腺隠押В隠 ■隠魁В娃亜腺隠機В隠 2008年キネマ旬報文化映画ベストテン第一位になった(羽田澄子 演出作品)映画です。 何故、中国残留孤児が生じたのか理解していただきたいのです。お近くの人は是非見に来て下さい。 私は「ボランティア」という言葉があまり好きではありません。 ボランティアの多くの人が持つ独特な雰囲気が苦手だったのですが、知人が始めた「ともだち」の会に入り日本語を教えるお手伝いをしています。 何年も日本に住んでいて何故日本語が出来ないのか・・・はじめは不思議でした。 彼等がサボっていた訳では決してありません。 雨が降っても、勉強に遠くからでも出席する人が多い。 政治家や行政に文句を言えば沢山あり過ぎる。 現実に今をどうすれば良いのか・・・ ●少しでも日本語が上手に出来るようになって欲しい。 ●日本に帰って来てからも辛い事が多すぎた彼等達が、少しでも安らいだ気持ちになって欲しい。 ●この現実を周りに住んでいる人たちの理解が欲しい。 と思っています。 また彼等から中国語を教えてもらって、加齢すると言葉を覚えることの困難さを、わが身を持って痛感しています。 特に日本語は非常に非常に難しい言葉です。 また日本人は少しの違い(言葉)に過敏に反応することも自覚しなければならないと思います。それほど繊細な言葉なのでしょう。 是非、映画を見にきてくださいますように。

Posted in General | 4 Comments

西条まつりと新居浜太鼓祭り

唐津に行く直前に、いつもの5組の夫婦で愛媛県の秋祭りに参加してきました。 最近はお祭りづいています。 見物だけでは納まらない人達。地元の人たちの協力を得て参加出来ています。 ●長崎の精霊流し・・・これはお祭りではありません。地元の方の船に参加させていただいて歩きました。 ●風の盆・・・本格的な旅館が一軒しかないところをゲットしてくださいました。 ●岸和田だんじり・・・これはメンバーさんの地元。 ●諏訪大社の御柱・・・メンバーの奥様の実家が諏訪。地元の方の家でご馳走になり、綱を引かせていただきました。 そして、今回は幹事。 愛媛県の職員さんのご協力を得て良いところ取りで参加させていただきました。 主人が見ておくべき秋の祭りの一つだと申していたことがよく理解できました。 「凄いお祭り!」とその豪華で勇壮なお祭りを楽しんできました。 写真班からまだ届きませんので、苦手で数少ない我が家の写真を取り敢えず・・・ 10月16日 西条まつり  伊予乃神社だんじり川入り(加茂川) 伊予の神社に宮入りしようとする神輿を見送りに来ただんじりが土手の上に一列に並びます。壮観です。神輿が川を渡りきるとお祭りが終わってしまうので、少しでも長くお祭りを長引かせるために100個以上もの蝋燭をつけただんじりが川に入り水しぶきをあげ邪魔をするのです。 10月17日 新居浜太鼓祭り 一宮(いっく)神社のかきくらべ 豪華な刺繍の太鼓台が150人の男衆に出差し上げられます。 凄い、素晴らしいお祭りに感嘆しました。 新居浜市内に51台の太鼓台があるそうです。 まさに勇壮華麗な「男祭り」です。 その後、小型バスを借りきり、西条市内に戻ました。西条のまちの地下が水質の良い美味しい水瓶になっているそうで(水道代は無料らしいです)、そこかしこから出るお水を飲みに。 その後広瀬記念館へ。住友家別子銅山の大番頭、広瀬宰平の自宅と記念館を見学。住友家の本家は大阪にあり、今は天王寺の市立美術館になっています。 しまなみ海道(主人が名付け親です。本当は西瀬戸自動車道でしたかしら?) しまなみ海道の中で主人が一番美しい景色という亀老山で瀬戸内の景色を堪能。 尾道では、市役所の方にお世話になって、美味しい料理屋さんを紹介していただきました。休日なのに開けていただき、その美味しさに全員が絶賛。また来よう〜と決まりました。 写真が来たら載せますね。

Posted in General | 4 Comments