Monthly Archives: September 2010

千の風と般若心経と

知人から誘われていて、 今日「新井満さんの講演と歌唱の午後」に行ってきました。 新井満さんはずいぶん昔、40年程前に存じ上げておりました。 主人が会社に勤めていた時の同僚で、彼が大阪勤務のとき、我が家にも何度か遊びに来られ、泊まってもいかれたこともありました。 その頃からもとても感性豊かで、ユニークで(主人の会社のその部局の人はユニークな人が多い) こころ優しい男性でした。 東京に転勤になられ、活躍をどんどん広げていかれました。 レコードを出された時には、「愛するみちよへ」と書いて 主人にことづけて下さったり(笑)・・・。(愛する人が多くて大変) 結婚なさってから、偶然お会いした時に、奥様には「最愛の妻へ」と書いて渡していると、爽やかに笑っておられた姿が印象的でした。 1998年 芥川賞受賞 ある年、私は友達のご主人様が亡くなられて、彼女の悲しくてやるせない気持ちをどのようにして和らげてあげたらいいのかを思案している時、 新井満さんの「千の風になって」のCDと本を見つけました。 まだ、世間では有名になっていなかった「千の風になって」は新井満さんらしい優しさに溢れてこころが揺さぶられました。新井満さんの歌う「千の風になって」が優しくて好きです。 2007年レコード大賞作曲賞を受賞。 『自由訳 般若心経』と『自由訳 良寛』も出版されているそうだ。書店で求めたいと思っています。 今日のお話で(間違っていたらごめんなさい) 般若心経で、一番大事な「色即是空」とは「万物は変化して滅びる」ということ。 「空即是色」は滅びたあと変化をする。でしたね? 死んでから風になっていくように、光になっていくように・・・。 お金も名誉も若さも命も、総べてのものは、いづれ変化して滅びる。 そして違うものに生まれかわる。 そうですよね。 生まれるということは? 死ぬという事は? そして生きるということは? 今日のお話の中で、自分の存在はさかのぼって10代間に1000人の人の偶然があり、生まれて来た。そして一人一人の役割を担って生きている。 どんな人にも役割がある。 そうですよね。 傍らに居る身近な人を愛せないで、人類愛などは語れない・・・。 そうなのですか。ここだけは、そんなに簡単なものではないように思いました。(笑) 世の中にはひょっとして別れた方がよい夫婦もあるかもしれない。知人の中には離婚問題で悩んでいる人もいる。 少しお痩せになられたように思いました。 どうぞくれぐれもお身体にお気を付けて ますます新井満さんらしい生き方をなさってくださいますように。

Posted in General | 4 Comments

さぁ〜 9月!

なのに何故かとんでもなく暑い日が続いている。 気象台の観測始まって以来の残暑と毎日言っている。 スーパー残暑と言うらしい。(上手に言葉を選ぶものですね) この暑いのに8月に夏風邪を引き、まだ咳が出たり、声が正常でないけれど、、、9月だ! ボランティア活動も今日から始まり、中国語の教室も始まる。夏休みの間にしっかり勉強をするつもりが、やはり「つもり」だけで終わり、昔からの性格は治らないと感心する羽目に。 8月から主人は異常な忙しさの中で頑張っている。(エアコンを付けずに) この年齢になったら、優雅に過ごすのではなかった? 自分だけのために時間を使うのではなかった? 心臓の手術で助かり、熱中症で身体が悪くなった、なんて 笑い話にもならないよ。 形の無い物事を前に進める仕事ゆえ・・・と思いながらも不自然な日々に納得出来ない。 もう、若くは無いのだから・・・。

Posted in General | 2 Comments