Monthly Archives: March 2009

宝塚市民ミュージカル

もう三月も終わる。裏山でウグイスが鳴いているのに寒い! 咲き始めた桜がかわいそうに寒さに震えている。 昨日、芸術文化センターで宝塚市民による県民創作ミュージカルを観てきた。 知人が昨年と今年出演しているので、観にいったが「スゴイ!」の一言に尽きる。 素人のミュージカルと言えど、プロの演出家や振り付けがついているので感動させてくれる。 3000円が安く感じる素晴らしいものでした。宝塚市民のレベルの高さを誇れる舞台でした。 昨年は「ひとひらの雪」 鶴の恩返しの民話をオリジナル化をしたもの。素晴らしいものでした 今年は縁(エニシ)と絆の不思議の旅「西遊記」(野村幸廣の脚本・作詞・作曲・演出)で感嘆の域に入っていた。 野村幸廣さんはこれから注目したい。  「この胸の中」 (三蔵法師―孫悟空) 君を思う ただひとりの かけがえの無い その命 この身捨てて 守ってあげたい 何もいらない ただそれだけ 何処にいても 何をしてても 君のこと 感じている ただ一言 ただ一言 君に伝えたいことがある この胸の中 君に飛んでゆけ 届けたい贈り物 (三蔵法師が孫悟空の身を案じて・・・) 胸に芽生えた この温もり いったいどこから やってきたんだろう 生まれて初めて こんな温かさ あなたがきっと 私にくれた 何処にいても 何をしてても あなたのこと 感じている ただ一言 ただ一言あなたの声が 聞きたい この胸の中 わかって欲しい 届けたい贈り物  (孫悟空が初めて「愛」を感じて・・・) 「天の祝福」(釈迦の言葉のうた) 全ては天の祝福 闇を破る時が今 あるがままに受け止めた時 きっと道は開かれる 時に祝福は 荒く硬く痛いもの 時に祝福は 辛く苦く冷たいもの だけどそれが 人生を試されている分かれ道 雨が降れば雨の中に 嵐が吹けば嵐の中に たたずんで 受け止めよ そこに明日の鐘が鳴る 全ては天の祝福 迷いを破る時が今 あるがままに見つめた時 必ず雲は晴れる いつも祝福は 高く険しく恐いもの いつも祝福は 暗く淋しく重いもの だけどそれが 人生の始まりの道しるべ … Continue reading

Posted in General | 2 Comments