Monthly Archives: August 2004

アテネオリンピック

オリンピック発祥の地、ギリシャでの今回のオリンピックに日本の若者たちに感動しました。 金、銀、銅 の数の多さは勿論もうれしいものですが、それよりなにより、若者達の爽やかさ、明るさが印象的でした。一昔前の選手たちには『日本のために・・・』という必死さや、悲壮感さえかんじられました。勝つためにその裏には忍耐、挫折を繰り返しての精進、努力等はたぶん同じだと思うのです。今の若者達に、自分のためにこの機会を楽しむという気持ちが強くなったのでしょう。そのことが結果として良い成績に結びついたのが、とてもうれしい。。日本が大人になったと感じたのは、私だけでしょうか? ただ、野球に関しては少し疑問を感じました。「長嶋ジャパン」 長嶋さんと「3」のユニホームにそこまで拘らなければいけなかったのでしょうか?プロを揃えなければいけなかったのでしょうか? 「近頃のわかものは・・・」という言葉は最古の時代からあるそうです。いつの時代も、私達もいわれ、そして今も私達は言います。が、このオリンピックで正直、若い人たちに脱帽ですね。彼らは自分も大事に、そしてきちんと日の丸に手を当て、感謝の言葉をきっちり爽やかに言う。時代は若者たちが築いていく、そうですよね。 その若者達から、尊敬される大人になりたい!!若い人たちに迎合するのではなく、大人として伝えるべき事、教えなければならない事をきっちり言う、それが大人の役目だと思うのですが・・・。

Posted in General | 3 Comments